03-5413-6787
受付時間
月~金 10:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日※土日祝予約対応

資金繰りがショートする原因と対応策

  1. 沖有美子税理士事務所 >
  2. 会社設立・企業支援に関する記事一覧 >
  3. 資金繰りがショートする原因と対応策

資金繰りがショートする原因と対応策

手元の資金・現金が足りなくなることを資金ショートといいます。
資金ショートに陥ると、事業の運転資金が足りなくなり、取引先や従業員への給料の支払いができなくなってしまいます。支払い能力が低いとみなされるため、金融機関から融資を受けることも難しくなります。

資金ショートはなぜ起こるのでしょうか。
さまざまな原因がありますが、一つにキャッシュフローをきちんと把握していないことが挙げられます。
例えば掛け売買で取引しており、損益計算書などでは利益があっても、実際の資金は入っておらず資金ショートに陥るなどの場合です。

また支払いと入金のスケジュールを把握していることも重要です。
どの時期にどれくらいの金額の支払いと入金があるのか。支払いは取引なのか、給与なのか、税金なのか。こういった支払いと入金のお金の動きを年間、または月毎に把握しておく必要があります。
事業に集中しており、納税の時期を忘れていたとしても許してくれるわけでありません。

こうした事態にならないように次のような対策が必要です。
対策の基本は支払いを遅め、入金を早めることです。
さまざまな取引の際は後払いできる契約をしたり、クレジットカードなども使いながら支払いを先延ばしできようにします。
また売掛債権の漏れや遅れをチェックし早めに回収します。請求漏れがないかどうかも確認しておきましょう。

そのほか不要な経費・費用がないかチェックすることも重要です。
在庫を余計に抱えていないか、使っていない固定資産・月極のサービスはないか、などコストカットできるところがないか、日常的に確認することで資金ショートの対策となります。

沖有美子税理士事務所は、港区、市川市、横浜市、川口市を中心に、全国の皆様からご相談を承っております。出資・融資・補助金などあらゆる資金調達方法に精通しておりますので、資金調達・資金繰りでお悩みの際にはお気軽にご相談ください。

沖有美子税理士事務所が提供する基礎知識

  • 開業資金調達サポート

    開業資金調達サポート

    飲食店開業を考える際、最も気を付けなければいけないことが開業資金をどのようにして調達するのかということ...

  • 法人成りとは

    法人成りとは

    個人事業主として事業を始めたものの、事業が拡大し、次第に個人で責任を負うのが難しくなってくることがあり...

  • 日本政策金融公庫(国民生活事業)の新企業育成貸付

    日本政策金融公庫(国民...

    政府系金融機関である日本政策金融公庫が実施している創業融資制度の中に、「新企業育成貸付」という融資制度...

  • 会社設立時に受け取れる助成金とは

    会社設立時に受け取れる...

    会社設立時には、資金も乏しく「どのように事業を拡大していこうか」、「資金がない中どのように広告を打とう...

  • 収支計画書

    収支計画書

    収支計画書とは、損益計算書とも称されるように、実際にどれくらい儲かるのかを表に表したものとなります。事...

  • 公的創業融資の主なメリット

    公的創業融資の主なメリット

    国や自治体などの公的機関が、中小企業や個人事業主、開業予定者の支援を目的として行う融資制度のことを「公...

  • 事業計画書

    事業計画書

    銀行などから融資を受けたり、ベンチャーキャピタルから資金提供を受ける際などに必要となる書類のことを「事...

  • 融資

    融資

    融資とは、返済の約束のもとに資金を供与することを意味します。 一般的には融資のほかに、借入やローンなど...

  • 個人事業主のデメリット

    個人事業主のデメリット

    個人事業主のデメリットには、以下のようなものがあります。 ●社会的信用度が低い 開業手続きが簡易な反...

よく検索されるキーワード

ページトップへ